良質の睡眠とれてますか?

当クリニックは、最新の睡眠医療を研究し、快適な睡眠のための治療をおこなっております。

  • 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)は、睡眠中の気道閉塞によるイビキや無呼吸のために熟睡できず、日中、眠気に襲われるのが特徴です。また、高血圧や糖尿病、心筋梗塞、心不全、脳梗塞といった病気の誘因となることが知られています。
  • 一方では、これらの病気をお持ちの方は、睡眠時無呼吸症候群を併発している可能性が高いこともわかってきています。眠気は自覚しにくいことも多く、睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合には、適切な診断を受けることが必要です。
  • 当睡眠センターでは、簡易検査から診断検査、診断治療、専門検査技師による治療期間中の患者さまフォローまで一貫して行っております。
こんな症状や病気ありませんか?

問診〜検査〜治療の流れ

問診・ESSアンケート
簡易検査
診断検査
治療法の決定
外来通院

検査費用

簡易検査(パルスオキシメーター):約300円(健康保険3割負担時)
CPAP療法:月 約5000円(健康保険3割負担時)

睡眠障害外来

睡眠脳波検査にて睡眠状態を確認することによって、睡眠時無呼吸症候群以外の【睡眠障害】を診断することが出来ます。夜間の睡眠状態を確認しなければ、睡眠障害を見つけることも出来ません。睡眠中の問題でお困りの方は詳しいを受けてみてはいかがでしょうか。
睡眠障害の代表的な疾患、症状を紹介します。

中枢性過眠症(ナルコレプシー等)

夜、十分な睡眠時間を確保しているのに、日中に過度の眠気が生じる疾患です。睡眠脳波検査にて睡眠状態を確認し、日中にどのくらいの時間で眠ってしまうかという検査を行い診断します。薬による治療が可能です。

むずむず脚症候群(RLS)

「寝付くまでの間にふくらはぎに虫が這う感覚」、「じんじんと火照る感じ」、「脚をじっとさせていられない」などの下肢に生じる不快感によって、なかなか眠りにつくことが出来なくなる疾患です。問診票によって診断し、睡眠脳波検査にて脚にセンサーを取り付け、脳波を見ることで確認することが出来ます。薬による治療が可能です。

REM睡眠行動障害

通常REM(レム)睡眠中は運動神経伝達が抑制されています。しかし、REM睡眠行動障害は、伝達抑制機能が障害されてREM睡眠中に夢の中の言動と同じように大声の寝言や動きが出現してしまいます。
本人が怪我をすることや、ベットパートナーの睡眠が障害されることもあります。 睡眠脳波検査にてREM睡眠中の動きを観察することや、REM睡眠中の筋の亢進を確認することにより診断します。薬による治療が可能です。

周期性四肢運動障害(PLMD)

寝ている間に脚(特に足先)がピクンピクンと動くことが刺激となって脳が起きてしまい、睡眠が分断化したり深い睡眠に至ることが出来なくなる疾患です。
結果的に熟眠感の欠如や日中の眠気につながりますが、本人は自覚していないことがほとんどです。睡眠脳波検査にて脚にセンサーを取り付け、脳波を見ることによって確認することが出来ます。薬による治療が可能です。