良質の睡眠とれてますか?

睡眠時無呼吸症候群 外来

当クリニックの「睡眠時無呼吸症候群 外来」は、「良い睡眠」をとることにより、糖尿病・高血圧をはじめとする生活習慣病の発症防止・進展抑制につなげることを診療コンセプトにしています。糖尿病代謝疾患を専門とする医療チームが睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病を総合的に評価し診療に当たります。

睡眠時無呼吸症候群の患者さまは、日中に強い眠気を感じ、会議中にウトウトしたり、集中力が続かない、十分に寝たはずなのに疲れがとれない、といった悩みを抱えています。睡眠中には、呼吸が一時的に止まる、呼吸が浅くなる/弱くなる、いびきをかく、といった症状がみられます。寝ている間に起こるため自分では気づきにくく、家族から「大きないびきをかいている」と指摘されて来院した患者さまも少なくありません。

高血圧~糖尿病~動脈硬化~心筋梗塞・脳卒中の連鎖

呼吸が止まると脈が速くなり、血圧が上がります。息が止まるということは、血液によって運ばれる酸素が体内で不足することを意味します。酸欠状態になると、まず脈拍を上げ、血圧を高めることで、なんとか脳に酸素が届くよう対処します。つまり、頻脈、高血圧の状態になるわけです。この状態が長い間続くと慢性的な低酸素状態になり、脳の細胞は危機的状態に陥ります。このようなストレスがかかるとコルチゾールやカテコラミン等のホルモンが過剰に分泌されるようになります。この作用によって血糖値が上昇し、やがて糖尿病に至ります。高血圧と糖尿病は血管に大きな負担をかけるため、脳梗塞・心筋梗塞の更なるリスクとなるのです。

当クリニックでは、日本睡眠学会の認定を受けた医療スタッフが、検査/診断、治療中の患者さまフォローまで一貫して行っております。
睡眠時無呼吸症候群は、眠気などの自覚症状を感じない事も多く、体型にも関係無くおこる病気の為、一度は簡単な検査で確認してみる事をお勧めします。

※睡眠脳波検査(PSG)のみの受診は対応致しておりません。

こんな症状や病気ありませんか?

問診〜検査〜治療の流れ

問診・ESSアンケート
簡易検査
診断検査
治療法の決定
外来通院

検査費用の目安

簡易検査(パルスオキシメーター):約300円(健康保険3割負担時)
CPAP療法:月 約5000円(健康保険3割負担時)

睡眠障害

糖尿病・高血圧などの内科疾患と合併した睡眠障害については、一部診療を行っております。
(*必要に応じて他の専門医療機関へご紹介させて頂きます)