対象となる方

  • 大きないびきをかく
  • 寝ているときに呼吸が止まっていると家族に指摘された
  • 夜間に何度も目が覚める(夜間覚醒)
  • 日中にときどき我慢できないほど眠くなる
  • 運転中/会議中に居眠りする
  • 血圧が高い(早朝・夜間)
  • 起床時に頭痛がする
  • 妙に寝つきがいい

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の合併疾患

高血圧、不整脈、糖尿病

治療について

睡眠時無呼吸は、高血圧・糖尿病などの生活習慣病、
脳卒中、心筋梗塞などを引き起こします

寝ている間にいびきや無呼吸が起き、熟睡できない睡眠時無呼吸症候群。睡眠中に呼吸が止まると、心臓・脳・血管に負担がかかって動脈硬化が早く進み、高血圧症、脳卒中、狭心症、心筋梗塞などの危険性が高まります。日本で治療が必要な潜在患者数は約600万人ともいわれますが、自分では気づきにくく、ご家族からいびきを指摘されて来院した患者さまも少なくありません。睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合は、睡眠の質を検査し、適切な診断・治療を受けることが大切です。

当院は日本睡眠学会専門医療機関で、日本睡眠学会認定の専門医や臨床検査技師が多数在籍しております。簡易検査や精密検査で睡眠時無呼吸症候群と診断された患者さまには、CPAP(シーパップ)療法を中心とした治療を進めていきます。また、睡眠時無呼吸症候群に加え糖尿病や生活習慣病の専門的な治療ができるクリニックとして、合併症の予防や早期発見に努めています。

糖尿病と睡眠時無呼吸症候群の関係
糖尿病・生活習慣病のクリニックとしては数少ない、睡眠時無呼吸症候群の専門的な治療ができる医療機関として、現在までに5,000人以上の患者さまが受診しています。個室を完備した睡眠センターでは、夜間に精密検査を実施しています。

検査~診断~治療までの流れ

● 簡易検査「パルスオキシメトリー検査」
ご自宅で小さな機械を手首に巻き、ひと晩睡眠の状態を測定していただきます。この検査では血液中の酸素飽和度を測定します。検査結果から睡眠時無呼吸症候群の初期診断が行われます。

睡眠時無呼吸の簡易検査パルスオキシメトリー検査」
検査の流れ

● 精密検査「睡眠脳波検査(PSG検査)」
簡易検査を経て睡眠時無呼吸が疑わしい場合、睡眠の状態をより精密に測定します。就寝中の脳波、呼吸、心電図、いびき、血液中の酸素飽和濃度などを、ひと晩連続して記録し、睡眠時無呼吸症候群かどうか診断します。

睡眠時無呼吸症候群のPSG検査(睡眠脳波検査) 解析室
検査の流れ

● 治療法の決定
中等症以上(AHI20以上)の患者さまには効果の確認を行ったうえで、自宅で睡眠時に鼻にマスクをあてるCPAP(シーパップ)療法を行います。CPAPは欧米や日本国内で最も普及している治療法です。鼻にかぶせたマスクから一定の圧のかかった空気を気道へ送り込むことで閉塞部分を解放し、物理的に無呼吸を防ぐ方法のために薬を使用することなく治療を行うことができます。

CPAP(シーパップ)療法
検査の流れ

● 治療検査「タイトレーション検査」
診断確定後に行う検査です。CPAPを装着した状態で、呼吸の状態や睡眠が改善するかを測定、診断します。

CPAP(シーパップ)療法
【検査費用の目安】

  • 睡眠脳波検査(PSG検査):
    約13,000円(健康保険3割負担時)
  • CPAP療法:
    約5,000円/月(健康保険3割負担時)

データで見る睡眠時無呼吸症候群
糖尿病と睡眠時無呼吸の関係

2型糖尿病患者の約3分の1が睡眠時無呼吸症候群を合併していると考えられています
寝ている間に無呼吸が起こると、血液中の酸素濃度が低下して、全身に酸素が行き渡らなくなります。この状態を放置していると、脳が大きなストレスにさらされ、血糖を上昇させるホルモンが過剰に出るようになり、やがて糖尿病になると考えられています。 国内の2型糖尿病患者を対象とした研究※ では、体型に関係なく、患者の約3分の1が睡眠時無呼吸症候群を合併していることが明らかになっています。
※ 当クリニック理事長の田中俊一が世話人を務める研究グループ(JEDAS /Japanese Epidemiology DM and SAS)による研究結果

糖尿病と睡眠時無呼吸症候群の関係
【糖尿病と睡眠時無呼吸症候群の関係】1,000例近いデータによる臨床結果から、国内の2型糖尿病患者の約3分の1が睡眠時無呼吸症候群を合併していることが明らかになりました。

睡眠時無呼吸症候群(SAS) を知る

睡眠時無呼吸症候群に関連する病気や検査などについてのページです。